現在のページの位置: LEGO Extensions > blog > LEGOスタジアム~那須ハイランドパーク~

LEGO Extensions

LEGOスタジアム~那須ハイランドパーク~

LEGOスタジアムは2005年3月19日にオープンしました。それまでの「レゴミュージアム」を拡張したもので、那須ハイランドパークの一角にあります。 ここでは、LEGOミュージアムの魅力をお伝えします。

LEGOスタジアム入口に立つ2体の巨大なレゴ人形 森と水のファンタジーランド入口
LEGOスタジアムの中へ

2006年のサッカーワールドカップドイツ大会を再現したという「レゴサッカースタジアム」。4500体以上のミニフィグで埋め尽くされたスタジアムは圧巻!日本対ドイツという構図のようだ。

レゴサッカースタジアム全体像
2.0m×3.2mの巨大なスタジアム

レゴサッカースタジアム ゴール付近 レゴサッカースタジアム 観衆
観戦するサポーターは、もちろんすべてミニフィグ

「レゴ昆虫の森」をグレードアップし、那須高原の森を再現したスペース。

クワガタ カブトムシ(左)とクワガタ テントウムシ(手前)とアリ オオタカ
ビッグサイズの昆虫

ステゴケラス スピノサウルス サウルス サウルス ティラノサウルス
「レゴ恐竜の森」では、日本で初登場の恐竜モデルが見られる。恐竜時代にタイムスリップ!

1/20スケールで作られた建物を中心とする展示。海外ではLEGOLANDが有名だが、日本ではレゴスタジアムのミニランドが最大規模。150万個のレゴブロックを使っているそうである。

ミニランド
本物そっくりで、臨場感は抜群

ベースの作成 小道具の設置 完成
頑丈な造りになっているので、簡単に壊れてしまうことはないらしい。

実際の東京駅は三角屋根だが、近い将来、ドーム型の屋根へと復元が行われるとのこと。

JR東京駅 赤レンガ駅舎 JR東京駅 赤レンガ駅舎 JR東京駅 赤レンガ駅舎 地下鉄東京駅の丸ノ内線ホーム 地下鉄東京駅の丸ノ内線ホーム
「東京駅」制作時間:約300時間、使用個数:約125000個

東京タワー
東京タワーと東海道新幹線700系 ビル 建設中のビル
電波塔として重要な役割を担う東京タワーは、1958年に建設されたもの。東京のシンボルとして親しまれている。

善隣門「中華街」 善隣門 拡大写真
「横浜中華街」制作時間:約110時間、使用個数:約18000個

チャイナハウスカモメ 大通り店 揚州飯店別館
制作時間:約930時間、使用個数:約320000個

横浜ランドマークタワーとインターコンチネンタルホテルが目を引くみなとみらいエリア。実際の横浜ランドマークタワーは、高さ295.8メートルの超高層ビル。インターコンチネンタルホテルに関しては、独特な形状を再現するのに苦労したそうである。

ランドマークタワー
「横浜みなとみらいエリア」制作時間:約450時間、使用個数:約105000個

ニューヨーク タイムズスクエア ニューヨーク タイムズスクエア ニューヨーク タイムズスクエア
「ニューヨーク タイムズスクエア」制作時間:約720時間、使用個数:約280000個

ホワイトハウス
「ホワイトハウス」制作時間:約1ヶ月、使用個数:58460個

デュプロビレッジには、普通のレゴブロックよりもやや大きいサイズのデュプロブロックを使って作られた町並みが広がる。

デュプロビレッジ デュプロビレッジ デュプロビレッジ デュプロビレッジ
カラフルな町並みや人形たち

数々の作品を生み出すのは、レゴ社公認のレゴモデルビルダーを始めとする人々。彼らの作業現場を再現したスペースがレゴビルダー工房だ。

レゴビルダー工房
レゴビルダー工房には時々、本物のレゴモデルビルダーがやってくるらしい

レゴブロックの歴史とミニシアター

レゴの歴史が、パネルでわかりやすく解説されている。かつて販売されたセットが展示され、懐かしいパッケージを見ることができる。

レゴブロックを製造する金型 レゴブロックができるまで
レゴブロックの製造工程を、レゴブロックで再現

ライオン ベンチに座る人
大きいモデルなので、記念撮影に最適

ゲームセンターにはフィグの格好をした乗り物も。

乗り物
1回、200円

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー

Feed

メタ情報